YouTubeで動画の再生数、チャンネル登録者が増えないときに確認すべき5つのこと

YouTubeで再生回数を増やす方法

YouTube動画の再生数を増やしたいYouTubeチャンネルの登録者を増やしたいという質問を頂きます。

動画の再生数とチャンネル登録者は同時には増えません。この2つはそもそも、増やし方の原理が違います。

再生数が増えるのは関連動画やYouTube検索であなたの動画を見つけて「再生してくれたから」です。再生数には動画のタイトルやサムネイルが影響します。

チャンネル登録者が増えるのは、動画を見て「この人の動画、面白い」「また見たい」と感じてくれたからです。チャンネル登録には動画の内容が影響します。

YouTubeで再生数を増やすにはどうしたらよい?

YouTubeで動画の再生数が増えないときは、次の3つができているかをチェックしてください。

  1. タイトル、説明欄、タグを最適化→検索や関連動画で上位に上がりやすくする
  2. サムネイルをしっかりつくる→他の動画よりも目立ってクリックされやすくなる
  3. 最後まで再生される質の良い動画を作る→動画の評価が上がり、検索・関連動画で上位になる

タイトル、サムネイルづくりの参考動画



関連記事:ビジネスYouTuberがチャンネル登録者や再生数の「質」を重要視するべき理由

YouTubeチャンネルの登録者を増やすにはどうしたらよい?

YouTubeでチャンネル登録者数が増えないときは、次の2つができているかをチェックしてください。

  1. 価値のある動画をつくる(役立つ・驚く・感動)
  2. 伝えるあなた自身の魅力を磨く(表情、トーク、キャラクター)

YouTubeチャンネル登録者数を増やすための参考動画



関連記事:【超基本】YouTubeチャンネルの登録者が増える動画の作り方!視聴者の〇〇を変える動画を作ろう。

ダメな動画に共通すること

私がみてきたなかで、動画の再生数が増えない、チャンネル登録者が伸びないダメなパターンをいくつか紹介します。

  • タイトルがつまらない(興味をそそらない、内容がわからない)
  • 説明欄、タグが書かれていない(内容が薄い)
  • 動画の内容が薄い(視聴者に価値を感じてもらっていない)
  • 自分だけが面白い動画(視聴者がおいてけぼり)マニアックなテーマでも視聴者と共感できる仕組みが必要
  • 画面が暗い、顔が暗い、声が暗い、テンションが低い、楽しそうでない
  • 編集をしていない(間延びしている、ダラダラしていて退屈)

YouTubeで大事なことは「あなたにしか作れない動画」を作ることです。これができていないと、動画の再生数も、チャンネル登録者数も増えません。

他の人も同じことをしていても、ダメです。

まとめ

再生数や登録者を気にしているうちは増えません。いったん、そういった数字は忘れて、紹介したノウハウを毎日コツコツやってください。

効果が出るのには時間がかかります。長い目で見て変化がでてくるものです。半年間とか50本くらい作ってようやく少し変化が出てくると思って取り組みましょう。

再生数やチャンネル登録者を気にするのは1,000人を越えて、自然に数字も増えるようになってから。そこからが本当のスタートです。

1,000人を超えられないような場合には、何かしら問題があります。動画の質や設定だけでなく、扱っているテーマなど、どこかに改善できるところがあるはずです。

YouTubeで動画の再生数やチャンネル登録者数が増えないときは、今回の内容を参考にして、できていないところから改善していきましょう!

関連記事
事業内容